鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」のご案内・ご利益|仏神案内|千葉の本光寺《公式》


鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」

鬼子母神について

鬼子母神は安産や育児の神様で法華経護持の神ともされています。
鬼子母神はインドで訶梨帝母(カリテイモ)とよばれ、王舎城(オウシャジョウ)の夜叉神の娘で、嫁して多くの子供を産みました。しかしその性質は暴虐この上なく、自分の子を育てるだけの栄養をつけるために近隣の幼児をとって食べるので、人々から恐れ憎まれました。
それを見かねたお釈迦様は、その過ちから帝母を救うことを考えられ、彼女が最も愛していた末子のピンガラを乞食(こつじき)に用いる鉢に隠しました。帝母は半狂乱となって世界中を7日間探し回わりましたが、見つけることができませんでした。そこでお釈迦様に助けを求めました。
お釈迦様は、こう諭しました。「千人のうちの一子を失うもかくの如し。いわんや人の一子を食らうとき、その父母の嘆きやいかん」(千人いる子供の一人を失うだけでそのような状態になってしまいます。それなのに人の子供をひとり食べられた時のご両親の心の嘆きはどんなものなのでしょうか)
鬼子母神ははじめて今までの過ちを悟り、お釈迦様に帰依し、その後に安産・子育の神となることを誓い、人々に尊崇されるようになったとされています。
日蓮聖人は御書のなかで「十羅刹女と申すは10人の大鬼神女、四天下の一切の鬼神の母なり。また十羅刹女の母なり、鬼子母神これなり」と述べられ鬼子母神を重視されています。
「恐れ入りやの鬼子母神」という言葉は、いろいろ使われていますが、太田蜀山人の狂歌の「恐れ入谷の鬼子母神、どうで有馬の水天宮 志やれの内のお祖師様」という酒落言葉の中から出たものです。”入りや”と”入谷”を掛けたものです。
ちなみに関東で有名な江戸三大鬼子母神は、入谷の鬼子母神、雑司ヶ谷の鬼子母神、市川市の正中山法華経寺のことをいいます。

鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」のご案内

本光寺の本堂に「安産守護子安鬼子母大善神」が安置されています。子安形の鬼子母神です。
安産を守る慈愛の神様と言われ、仏教の女性の神様です。
左手を添えながら胸に赤ちゃんを抱いて、右手には吉祥果(ザクロ)を捧げています。


江戸時代の日本人の平均寿命は30~40歳です。そして50歳を超えたのは戦後の1947年になってからです。
実は、乳幼児死亡率が高かったので日本人の平均寿命が低かったのです。
現代は、赤ちゃんが病気にかかっても医療の力によって命は助かります。
しかし、どの時代でも赤ちゃんの健やかな成長と健康を願う気持ちは昔も今も変わりません。妊娠から出産までは奇跡の連続なのです。


「安産守護子安鬼子母大善神」の守護を頂戴し、母体・胎児ともに健康を守り、幸福に満ちた赤ちゃんの無事なる誕生のため、本堂で祈願をなされてみてはいかがでしょうか。

鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」
安産守護子安鬼子母大善神への安産祈願はこちら

鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」のご利益

  • 母体健康のご利益 … 母親の健康
  • 胎児健康のご利益 … 赤ちゃんの健康
  • 安楽出産のご利益 … 母親・赤ちゃんともに安全で楽なお産
  • 福子成長のご利益 … 幸福に満ちた赤ちゃんへの成長

本光寺古文書では毎月8日が縁日になっております。毎月8日に「鬼子母神」に願い事をすれば、その願いが叶うといわれており、安産に縁起のいい日とされています。

鬼子母尊神
安産守護子安鬼子母大善神への安産祈願はこちら

鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」の参詣の仕方

鬼子母神「安産守護子安鬼子母大善神」の参詣の仕方

白い建物の正門玄関へ向かう

白い建物の正門玄関へ向かう

線香をつける 線香をつける

参道を進む 参道を進む

右に曲がり本堂へ進む

右に曲がり本堂へ進む

本堂の前でお線香をお供えしてお参りする

本堂の前でお線香をお供えしてお参りする

授与所でお札やお守りを頂戴する

授与所でお札やお守りを頂戴する

お時間のある方はパワースポットを巡りましょう

木のパワースポット「蘇りの御神木」の聖木に触れて、自然のパワーを頂戴しましょう

木のパワースポット「蘇りの御神木」の聖木に触れて、自然のパワーを頂戴しましょう

水のパワースポット「きずな之湧水」の聖水を飲んで、自然のパワーを頂戴しましょう

水のパワースポット「きずな之湧水」の聖水を飲んで、自然のパワーを頂戴しましょう

丁寧に対応させていただきます

心より感謝申し上げます

千葉県は千葉市、市川、船橋、浦安、松戸、鎌ヶ谷、八千代、習志野、四街道、市原、茂原、成田、佐倉をはじめ、関東だけでなく全国からのお申込みがあります。

ご参詣お待ちしております

【千葉県】
市川市・松戸市10分、船橋市・鎌ヶ谷市20分、柏市・千葉市・流山市・浦安市・習志野市・八千代市・我孫子市30分、成田市・佐倉市・市原市・東金市・山武郡40分。
【千葉県ほか】
江東区30分、葛飾区・江戸川区40分、杉並区・板橋区・足立区60分、世田谷区・練馬区75分、大田区・町田市・八王子市90分。
越谷市35分、草加市40分、春日部市45分、さいたま市・川口市50分、川越市65分、所沢市70分。
取手市35分、つくば市50分、牛久市55分、土浦市70分。
川崎市60分、横浜市75分、鎌倉市・藤沢市90分。

ページ
トップ