環境が第一|法話|住職|本光寺案内|本光寺《公式》



本光寺案内 法話

環境が第一

「酒蔵にモーツァルトの曲を流すと美味しい酒ができる」。そんな蔵元があります。酵母菌が活性化されるためとか。
よい音楽が成育にプラス効果をもたらすことは最近の研究でも明らかで、胎教や音楽療法として近年大いに用いられています。
要因は生物にとり心安らぐ環境が生命力を増し、品格を向上させる源になるというのです。
このお寺の門をくぐって下さい。「南無妙法蓮華経」という音色と響きがあなたに仏さまの品格を与えて下さいますよ!

日蓮聖人ご遺文
『 立正安国論』

蘭が置かれた部屋に入るとその香りが気づかぬうちに身にしみ込み、自分もよい香りとなります。同様に横に広がる性質の蓬も真っ直ぐに伸びる麻の畑に植えると不思議と上に向かって伸びるとの言い伝えがあります。
私たちも同じこと。よい環境に身を置くことで自然と立派な人格を備えるようになるのです。
聖人は本書を通して、鎌倉幕府の政治の骨格に法華経を置くことで、日本が仏の心にかなった揺るぎない、安寧な国家になることを強く訴えられたのです。

文応元年(1260) 聖寿39歳

前の法話へ 法話一覧へ
ページ
トップ