水子供養のご案内・料金|法務案内 供養|千葉の本光寺《公式》



水子供養

 本光寺は子育てを応援します

水子供養 ~中絶、堕胎、流産、死産~

水子のイメージ。どんなことを想像しますか。一昔前までは、暗いイメージを想像する方が多かったような気がします。水子は、人工妊娠中絶や流産、死産により死亡した胎児のことを言います。暗いイメージは中絶という行為から考えてしまいがちです。
母胎内にあって、パパとママの愛を信じ、安心して発育している赤ちゃんが、何らかの理由によって、その肉体と生命を断たれてしまうこと。生まれるということから、亡くなってしまうという正反対の状況になってしまうこと。パパやママの悲しみ同様に、水子の霊魂もどこに行けばよいのか迷っています。
そんな霊魂を弔うこと、そして、パパやママの悲しみを癒すこと、水子供養はこのような意味も含まれています。


第三十五世住職 尾藤宏明 合掌

水子供養地蔵尊
水子供養地蔵尊
忌日計算はこちら

水子に関してのちょっとした話

本光寺であった実話を紹介します。
ある夫婦、70代くらいの仲睦まじい2人。「今日は、何かのお参りですか」とお尋ねしたところ2人からこんな言葉が・・・
「もうこんな歳になって、やり残したことがないかと考えていたところ、一つやり残していたことがあったのです。それが水子供養なのです。だから今日は2人で、水子供養に参りました。」
素敵なご夫妻ですね。水子の供養をすることは誠に意義深いことです。自分で手を合わせて供養し、水子を迷いから救うことは功徳の中の大功徳です。
水子供養を一人でも多くの人々に伝え、一霊でも多くの水子を救ってあげてください。
必ず幸運を得られます。

水子供養料金

本光寺では皆様に信頼できる水子供養をご案内するために水子供養、水子納骨墓に関する料金をホームページ上に明記させて頂いております。


同席できる個別供養料金(15,000円~25,000円)
本堂での個別供養(室内)、水子地蔵での個別供養(屋外)の料金を記載しております。


同席できない朝供養料金(10,000円)
塔婆供養、読み上げ供養の料金を記載しております。


水子納骨墓料金(50,000円~170,000円)
法界萬霊供養塔、永代供養墓への埋葬(散骨)、永代供養(骨壷安置)、戒名の料金を記載しております。


水子供養地蔵尊

本光寺の水子供養地蔵尊は、昭和52年(1977年)8月、第34世の日住上人が建立しました。水子供養地蔵尊と命名されたお地蔵さまです。地蔵菩薩は、死んだ子供の霊を、賽の河原で地獄の鬼から守ってくれるとされています。
建立当時は、屋根も何もない状態でした。それを見かねた方が、少しでも風雨を凌いでもらいたいという願いから、屋根を奉納され、現在に至っています。
このお地蔵さまは、水子の霊魂を救い、15才以下の子供の健康を守り、皆様の罪と悲しみを消してくれる尊い仏さまです。


水子供養地蔵尊の参詣の仕方はこちら

水子供養をされる方に

<水子供養のお供物について>
数珠、花、菓子、飲物、おもちゃ、ぬいぐるみなど水子が喜ぶようなものをお持ちいただければよろしいかと思います。
※お供物の菓子飲物(賞味期限1ヶ月以上)、おもちゃ、ぬいぐるみ等は児童養護施設(様々な理由で親と暮らせない子供と、その成長を支える大人とが共に暮らす施設)にボランティア活動として無償で寄付しております。


<水子供養をされるときの服装について>
地味な平服で結構です。正装(喪服)で参拝すれば、より丁寧です。

本光寺は完全予約制です。インターネットから24時間365日お申込みが可能です。
本光寺では、子育て応援活動の一環として、お申込みの供養にあわせて、お子様(0歳から中学3年生まで)の発育増進を無料で祈願させて頂いております。※お札・お守りは授与されません。
本光寺では、妊活応援の一環として、お申込みの供養にあわせて、ご夫婦の子宝祈願(子授け)を無料で祈願させて頂いております。※お札・お守りは授与されません。

丁寧に対応させていただきます

心より感謝申し上げます

千葉県は千葉市、市川、船橋、浦安、松戸、鎌ヶ谷、八千代、習志野、四街道、市原、茂原、成田、佐倉をはじめ、関東だけでなく全国からのお申込みがあります。

ご参詣お待ちしております

【千葉県】
市川市・松戸市10分、船橋市・鎌ヶ谷市20分、柏市・千葉市・流山市・浦安市・習志野市・八千代市・我孫子市30分、成田市・佐倉市・市原市・東金市・山武郡40分。
【千葉県ほか】
江東区30分、葛飾区・江戸川区40分、杉並区・板橋区・足立区60分、世田谷区・練馬区75分、大田区・町田市・八王子市90分。
越谷市35分、草加市40分、春日部市45分、さいたま市・川口市50分、川越市65分、所沢市70分。
取手市35分、つくば市50分、牛久市55分、土浦市70分。
川崎市60分、横浜市75分、鎌倉市・藤沢市90分。

ページ
トップ