仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」のご案内・ご利益|仏神案内|千葉の本光寺《公式》


仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」

仁王像について

仁王像は仏教の守護神とされています。
仁王像は阿形(あぎょう)像と吽形(うんぎょう)像の2体を寺院の山門に安置することが多いです。
本光寺の阿形像は「那羅延金剛」(ならえんこんごう)、吽形像は「密迹金剛」(みっしゃくこんごう)です。
金剛力士はサンスクリット語で「ヴァジュラダラ」と呼ばれ、「金剛杵(こんごうしょ)を持つもの」を意味しています。
ちなみに日本最古は法隆寺中門の仁王像で、大作としては東大寺南大門の仁王像です。日蓮宗では身延山久遠寺、池上本門寺、中山法華経寺の仁王像が有名です。

仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」のご案内

本光寺の仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」は本堂に安置されています。本堂内に安置されるのは珍しく、手のひらサイズの金剛力士像です。
金剛力士像は寺院内に仏敵が侵入することを防ぐと言われ、仏教の男性の神様です。
金剛杵を手に持ち、上半身が裸で、筋骨隆々のたくましいお姿です。また、那羅延金剛は怒りの表情をしており、密迹金剛は怒りを内面に秘めた表情をしています。


仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」の守護を頂戴した本光寺の本堂で祈願をなされてみてはいかがでしょうか。

仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」のご利益

  • 寺院守護のご利益 … 邪悪な仏敵を防ぐ
  • 身体健全のご利益 … 丈夫な身体と健康

仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」の参詣の仕方

仁王像「那羅延金剛・密迹金剛」の参詣の仕方

白い建物の正門玄関へ向かう

白い建物の正門玄関へ向かう

線香をつける 線香をつける

参道を進む 参道を進む

右に曲がり本堂へ進む

右に曲がり本堂へ進む

本堂の前でお線香をお供えしてお参りする

本堂の前でお線香をお供えしてお参りする

授与所でお札やお守りを頂戴する

授与所でお札やお守りを頂戴する

丁寧に対応させていただきます

心より感謝申し上げます

関東は、東京都内、神奈川県、埼玉県、茨城県、千葉県(千葉市、市川、船橋、浦安、松戸、鎌ヶ谷、八千代、習志野、四街道、市原、茂原、成田、佐倉)をはじめ、全国からのお申込みがあります。

ご参詣お待ちしております

【千葉県】
市川市・松戸市10分、船橋市・鎌ヶ谷市20分、柏市・千葉市・流山市・浦安市・習志野市・八千代市・我孫子市30分、成田市・佐倉市・市原市・東金市・山武郡40分。
【東京都】
江東区30分、葛飾区・江戸川区40分、杉並区・板橋区・足立区60分、世田谷区・練馬区75分、大田区・町田市・八王子市90分。
【埼玉県】
越谷市35分、草加市40分、春日部市45分、さいたま市・川口市50分、川越市65分、所沢市70分。
【茨城県】
取手市35分、つくば市50分、牛久市55分、土浦市70分。
【神奈川県】
川崎市60分、横浜市75分、鎌倉市・藤沢市90分。

ページ
トップ